NEWS
お知らせ

2019.08.20  オートコール搭載システムに「SMS送信機能」オプションを追加

オートコール搭載システムに「SMS送信機能」オプションを追加
~ 電話とSMSの併用で機会損失を防止 ~

株式会社フレンディット(東京都港区、代表取締役社長 細野博昭、以下「当社」)は、当社が提供するオートコール搭載システムのオプションサービスとして「SMS送信機能」を本日8月20日より提供開始します。これまでの自動発信および自動音声応答が可能なオートコール搭載システムに、「SMS送信機能」が追加されることで、ユーザーの回答内容に応じたURLをSMSで送信することができます。なお、オプションサービスが利用できる当社のオートコール搭載システムは、「BizBaseテレマーケティング」と「オートコールBB」になります。

■オプションサービス「SMS送信機能」

URL:https://www.friendit.co.jp/product/bizbase/sms/


BizBaseテレマーケティング SMS送信機能

■開発背景

当社が提供するオートコール搭載システムでは、料金未納による督促案内や予約確認のリマインドコール、選挙・政党支持調査など、自動発信と自動音声による案内が可能で、効率的な架電業務を支援してまいりました。一方、予め設定した音声だけでは解決できない場合にオペレータに接続したり、通話時間の長さによってユーザーが離脱したりと、オペレーションコストや機会損失が発生する状況がありました。

今回提供するオプションサービス「SMS送信機能」では、音声ガイダンスに従ってユーザーが応答する際、その応答内容に応じて詳細情報のURLを記載したメッセージをユーザーのSMS宛てに送信でき、ユーザーを手軽にWebサイトに誘導することができます。


■オプションサービス「SMS送信機能」の特長

(1)SMSからWebサイトに誘導し、効果的なアプローチが可能

オートコール中に、ユーザーが応答した番号に応じて、URL付きのメッセージをユーザーのSMS宛てに自動で送信できます。興味を示したユーザーに対し、より詳細な情報をテキストで送ったり、URLから応募フォームやWebサイトに誘導したりと、オペレーションコストをかけずに効果的なアプローチが可能となります。


(2)1通8円から送信可能

キャンペーンのお知らせや返済督促に使用する連絡手段の多くに使われているDMをSMS送信に切り替えることが可能です。1通50円以上かかるDMに比べ、「SMS送信機能」を利用すると1通8円から送ることができ、コスト削減に繋がります。


■ご利用イメージ

(1)飲食店の予約受付に

飲食店が営業時間外に電話予約を受ける際、自動音声に加え予約フォームのURLをSMSで予約者に案内することで、予約の取りこぼしを防げます。有人による電話予約と比べ、予約者は営業時間を気にせずにいつでも予約ができ、電話口で待たされるストレスもありません。飲食店は予約受付業務を軽減でき、言い間違いや聞き間違いによる予約トラブルも防止できます。


飲食店の予約受付に

(2)未納者への督促業務に

料金未納者への督促業務には、メールや郵便よりも電話が一番効果的です。たとえ電話に出られなくても着信履歴が残るため、料金未納者がお知らせに気付く確率が上がります。架電後、入金予定日の申告を受け付けるフォームのURLを料金未納者のSMS宛てに送り、フォームから入金日を入力してもらうことで、再架電の手間を軽減できます。


未納者への督促業務に


なお、本サービスの提供開始に先行して、サロン・ネイル・治療院専門予約システム「ワンモアハンド」を提供する株式会社クロスリンク様に導入いただき、ご利用いただいております。

■「BizBaseテレマーケティング」とは

営業担当者やコールセンターのオペレータ、スーパーバイザーの受発信業務全般を支援するツールです。架電リストから、地域や架電履歴などの情報からターゲッティングした架電先に対して、オペレータへ架電作業を指示することができます。架電面では、IP-Phoneとの連携により、画面のアイコンをクリックすることで架電を開始できるプレビュー発信機能や、通話録音機能も搭載しています。
URL:https://www.friendit.co.jp/product/bizbase/

■「オートコールBB」とは

オペレータに代わって自動で発信を行い、接続した電話には、自動音声応答(IVR)にて予め設定した音声を流すオートコール搭載システムです。自動音声応答の特長として、テキストを入力するだけで音声データの作成・編集が可能な「テキスト音声化機能」を搭載しています。また、指定した日にち・時間・リストに自動で発信する「スケジュール発信機能」も搭載しており、来店されるお客様への予約確認やお客様満足度アンケート、家賃滞納者への督促案内などが無人で効率良く架電できます。最低1席から導入でき、「オートコールBB」の基盤であるコールセンタープラットフォーム「BizBaseテレマーケティング」との連動も可能です。
URL:https://www.friendit.co.jp/product/bizbase/acbb/


■株式会社フレンディット 概要

法人名
株式会社フレンディット
本社所在地
東京都港区赤坂2丁目18-14 赤坂STビル1階
代表者
代表取締役社長 細野 博昭
事業内容
ECプロデュース事業、コールセンター支援事業、情報資産プラットフォーム事業、ソリューション事業
Webサイト
https://www.friendit.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社フレンディット
TEL:03-6744-7492
E-mail :

■報道関係者様お問合せ先

パイプドHD株式会社:https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com


※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お知らせ一覧へ