BizBase テレマーケティング
call center solution

2日かかっていた架電業務が半日に!!
架電業務を最大化する

プレディクティブコール

プレディクティブコールとは

プレディクティブコール(プレディクティブダイヤラー、プレディクティブダイヤリングとも言います)機能では、BizBaseシステム側からあらかじめ登録されている架電先リストに対して先行して架電を行います。相手が応答したコールのみをオペレーター様へ接続しますので、話し中、不在など応答率が低い架電リストの場合には、架電効率を大幅に向上させることができます。

プレディクティブコールのイメージ図

プレディクティブコールのイメージ図

プレディクティブコールなら、
今までかかっていた無駄な時間が0に!

架電先リストを
検索
300
電話番号を
プッシュ
100
コール音が
流れる
200
不在の履歴を
登録
300

システムが全て
行ってくれるので
架電効率が
大幅アップ!

1日1,000コール、
10%の応答率だった場合 :

90秒 × 900件 =
22時間(約3人日)を削減

メリット1

無駄な作業がなくなり
会話に集中できる

オペレーター様は「リストを検索する」「電話番号をプッシュする」「相手の応答を待つ」といった一連の作業から解放されるため架電先との会話に集中できるようになります。

メリット2

架電時間減少による
コスト削減

プレディクティブコールはオペレーター数×〇倍で発信を行うことができるため、架電時間が減少します。

メリット3

小規模でも
目に見える効果

小規模のコールセンターでも、中規模、大規模のコールセンターと同等の架電件数を出すことができるようになります。

細かい発信設定が可能です

1. 発信倍率の設定

ご契約いただくCH数によって発信倍率を変更ができます。また架けすぎによってオペレーターが対応できない場合が発生しないように、対応可能なオペレーター数が一定数以下になった場合には、先行架電数は空きオペレーターの数まで自動で減少されます。

2. 接続待ち秒数を設定

発信対象者に何秒コールを鳴らすのか設定ができます。反応がないリストに対して時間を取られることがなくなります。

3. 自動1倍発信設定

通話を待っているオペレーター数が少なくなった場合に自動で発信倍率が1倍になる設定です。プレディクティブコールで起きる「放棄呼」を防ぐことが可能となります。

さらに秒課金で通話料削減

プレディクティブコールで発信する場合、大量の発信業務となりますが、当社クラウド型BizBaseテレマーケティングでは、秒課金サービスを提供しております。全国一律、アクセスチャージなしで0.06円/秒(税抜、対固定電話)

  • 標準的な1分課金で20秒通話した場合:20秒の通話にも関わらず、残り40秒の通話料金も発生
  • 秒課金サービスで20秒通話した場合:通話した時間だけ料金発生

BizBaseの標準機能も使用できます

顧客テンプレート設定

発信する業務ごとに、BizBaseに格納する顧客情報を設定することが可能です。オペレーター様は通話時に必要な情報を検索せず、見て会話することが可能です。

モニタリング・3者間通話

オペレーター様の会話を、モニタリングすることが可能です。新人のオペレーター様の教育にも使っていただいています。

受信機能

発信後に折り返しで着信をした際に、ポップアップでお客様情報を表示します。いつ発信をしたのか、何の要件で発信をしたのかが分かりオペレーター様がスムーズに対応できます。

プレディクティブコールは
こんな業務で利用されています!

  • 光回線の営業
  • 人材派遣の集客
  • 支払い督促
  • マンション更新案内
  • イベント集客
  • DM発送後のフォローコール

※プレディクティブコールは2席以下のような少数席の場合には十分な効果が得られない場合があります。

導入事例

プレディクティブコール
トライアル導入実施中!

今なら2週間トライアルが可能です!

資料・トライアルをご希望の方はこちら

こちらもお問い合わせが増えています!

  • 「SMS送信機能」IVR(自動音声応答)+SMS(ショートメッセージ)連携で高い開封率で「コスト」「時間」「業務負担」3つを軽減!!
  • 1席から導入可能!あなたの業務を自動化する「オートコールBB」