製品情報
SPIRAL PLACE®

今までにないコミュニケーション
プラットフォーム

SPIRAL PLACE®(スパイラル プレース)は、シゴトに欠かせないグループウェア機能とCMS(Webサイト作成・
更新)機能が備わった、新しいコミュニケーションプラットフォームです。いつでも、どこからでも情報共有、情報
発信が行えるプレースの機能をご紹介します。

→グループウェア→SNSサービス連携→Webサイト

基本機能一覧

「タスク管理」で自分のタスクもプロジェクトの進行も確実に
タスク管理機能では、個人のToDo管理としてタスクを作成・管理できるほか、タスクを他のメンバーに割り振ったり、共有することで小規模なプロジェクト管理にも対応しています。
遠隔地にいるメンバーともタスクを共有でき、SPIRAL PLACEのその他の機能とあわせて活用することで、よりスムーズなプロジェクト進行が可能になります。
「電話メモウィジェット」で外出先でも大事な電話をいち早く確認
電話メモの運用は企業やメンバーによってさまざまですが、SPIRAL PLACEの電話メモを使用することで他者への電話メモの作成、自分宛の電話メモの確認を一元管理できます。
また、電話メモが登録されると指定のメールアドレスへ通知メールが届き、たとえ外出先でもスマートフォンから確認し、ビジネスチャンスを逃さず、すぐにアクションを起こすことができます。
新機能「サイト内検索」
SPIRAL PLACEのCMS機能において、サイト内検索機能をリリースいたします。
閲覧者がサイト内の情報にダイレクトにアクセスできるようになると共に、検索ワードの分析からコンテンツを改善することで、お客様が求める質の高いサイトを提供できるようになります。
ダッシュボード機能
SPIRAL PLACE®のグループウェア機能において、トップページのダッシュボードに、組織固定やスタッフ任意のウィジェットを設置できるようになります。これにより、社内の業務アプリケーションやWebサイトにSPIRAL PLACE®のトップページからアクセスできるようになり、業務のスタートページとしてご利用しやすくなります。
SPIRAL PLACE API
SPIRAL PLACE APIは、通常アドミンプレースで使用するスタッフや施設の管理機能をAPIにて提供します。
簡易アンケート機能
SPIRAL PLACE®のトピックで作成するメッセージに、アンケートを設置できます。
独自ドメイン機能
SPIRAL PLACE®のCMS機能で作成したWebサイトを独自ドメインで公開できます。
独自ドメインは、CMSで自動生成されるスマートフォン向けサイトにも適用されます。
Webサイト閲覧制限機能
SPIRAL PLACE®のCMSで作成したコンテンツの閲覧を、登録スタッフや登録カスタマーに限定することができます。
RSSアグリケーション機能
SPIRAL PLACE®のCMSで発信するニュースをRSS配信するとともに、他のサイトから発信されるRSSを読み込み、ニュースとして自動掲載することができます。
この新機能を活用することで、SPIRAL PLACE®を利用した複数のサイト間での情報共有が容易になります。
スマホサイト自動生成機能
SPIRAL PLACE®のCMSでWebサイトを作成すると、1度の作業でPC向け、スマホ向けのWebページを自動生成できます。
また、PCサイトとスマホサイトは同一のURLで公開され、お客様の閲覧環境に応じてPCの場合はPCサイトを、スマホの場合はスマホサイトを表示します。
Facebook認証
お客様がFacebookアカウントをお持ちの場合、Facebookのアカウント情報をもとに、SPIRAL PLACE®へカスタマーとして会員登録できます。
また、一度Facebookアカウントで登録したお客様は、Facebookにログインしている場合に限り、ID、パスワードを入力せず、ワンクリックでSPIRAL PLACE®にログインできます。
スマートフォン対応
カレンダー(予定・予約)、トピック、ニュースエントリーをスマートフォンからご利用いただけます。