製品情報
SPIRAL EC®

  • SPIRAL EC TOP
  • 特長
  • 機能
  • LINE連携
  • 決済
  • セキュリティ

日々新たな脅威への対策を行い、安全性を高め、高レベルのクラウド
セキュリティ環境を構築しております。

SPIRAL EC®のセキュリティ対策

安全性を証明する第三者機関からの評価

当社では、毎年SPIRAL EC®の第三者機関による脆弱性診断を実施していますが、不正アクセスによる個人情報流出事故後、対策を講ずべく改めて2機関による脆弱性診断を実施しました。診断結果を受け、危険度「高」「中」の項目について対策を実施しております。

当社では、今後もこのような第三者によるセキュリティ診断を定期的に実施し、新たな脅威への対策を継続的に行うことで、お客様へ安心安全なサービスの提供を心がけています。
安全性を証明する第三者機関からの評価

主な対策について

データセンターの選定

データセンターの選定

耐震・免震、有人監視のほか、厳しい選定基準を
設けております。
365日24時間監視体制
365日24時間監視体制
「スパイラル®」のサーバーおよびネットワークを365日24時間監視しております。
障害発生時の対応

障害発生時の対応

偶発事故や災害時には、即座に専任スタッフに連絡が入ります。状況を把握、対処し、復旧ののちにユーザー様に障害原因等の報告を行っております。
SSL暗号化標準実装

SSL暗号化標準実装

インターネット上でやりとりされる情報を暗号化するための通信プロトコル「SSL」を標準実装しています。盗聴やなりすましを防止します。
IPアドレス制限

IPアドレス制限

「IPアドレス制限」は特定のIPアドレスからのみ管理画面にアクセスできるようにするものです。
社内IPアドレスからのアクセスのみ許可すれば、社外からのアクセスや社外への情報持ち出しを防ぐことができます。
ユーザー認証

ユーザー認証

システムの利用は担当者様ごと個別のユーザーアカウントをご利用いただき、固有のID、パスワードで認証します。
自動ログアウト

自動ログアウト

管理画面にログインし、一定時間操作がない場合は
自動でログアウトします。
ログイン/ログアウト履歴

ログイン/ログアウト履歴

どのユーザーがいつシステムへログイン、ログアウトしたのか履歴を確認できます。